海が汚れています。

海中に浮遊するゴミは非常に回収困難です。

ですがそのまま放置すると環境に大きな影響を与えることになります。

The Seabin Projectについて

オーストラリアに住む2人のサーファー、ピート・セグリンスキさん、アンドリュー・タートンさんが考案したのは自動的に海のゴミを回収する仕組み。


 
 仕組みは以外に簡単で、海面に設置したゴミ箱にゴミが自動に入っていき、電動ポンプを利用して海水だけを濾過し、ゴミを手動で回収するというもの。

Seabin-mechanism

この装置を完成させ、海を綺麗にするという想いを実現させるために二人を職を辞して取り組んでいるんだとか。すげぇ。

The Seabin ProjectのHPはこちら

活動の様子はTwitter(@Seabin_project)、Instagramでも公開されています。




クラウドファンディングで資金調達

現在プロジェクトは、プロトタイプを作成、テスト中。


クラウドファンディングで資金調達しているみたいですね。マグカップを販売して資金調達。マグカップお洒落で良い、ちょっと欲しい。


ぜひともお二人にはこのプロジェクトを成功させてほしいです。