かっ君です。

雑誌に載っていたGREEN FINSという活動が気になったので調べてみました。


GREEN FINSとは 

環境を保護するスキューバダイビングやスノーケリングを目指し、国連環境計画(UNEP)※と共同でイギリスの慈善団体(Reef World)財団が行っているプロジェクト。

日本でも政府のサポートを得てこのプロジェクトを推進していこうとしている。

※モントリオール議定書の事務局も務めて、ワシントン条約などの条約の管理も行っている団体。


設立理由

海中環境、サンゴ礁保護を目的として、海を楽しむ人たちに自分たちがサンゴ礁に潜在的なダメージを与えていることを認識させ、またその防止方法を展開していく。


参加国・団体

インドネシアやマレーシア、タイ、フィリピンなど400以上のダイビング・スノーケリングセンターが参加。

whereGF2


GREEN FINSの展開内容

No Stepping on Coral
サンゴを踏まない

No Stirring the Sediment
海底の砂を巻き上げない

No Touching or Chasing Marine Life
海洋生物を追いかけない・触らない

No Feeding Fish
エサを与えない

No Littering
ゴミを捨てない

Don't Buy Souvenirs of Coral and Marine Life
サンゴや海中生物のお土産を買わない

Do not Support Shark Finning
ヒレ目当てのサメ漁禁止

Join in Conservation Projects
保護活動に参加しよう

 

ここからはガイドに向けて

Do not Anchor on Coral Reefs
サンゴ礁のある場所にイカリを下ろさない

Green-Fins-champion
ブリーフィング時などお客様に海洋環境の重要性を説明する
 

参加するには

どのように参加・活動していけばよいか詳しくまとめた電子パンフレットをこのページよりダウンロードできます。

まだ英語版しかないですが、今後多くの言語で翻訳されていくと思います。



GREEN FINSは、日本人のダイバーだと守れているルールが多いと思います。(海外だとそうでもないのかな??)

エサを与えるのはリゾート地へダイビング行ったときにやってしまってました…

かっ君のようにいくつか守れてないものもあると感じた方は改めて気をつけるようにし、海中環境の保全していくようにしましょう。