ダイビングは面白い遊びです。

海の中はキレイだし、生き物に触れ合うのも楽しい。数えきれないダイビングポイントがあってそれが朝昼夜・また春夏秋冬それぞれ別の顔を見せてくれる。

かっ君はダイビングは一生遊べるアクティビティだと思ってます。

ですがダイビングという遊びは水中で楽しむものという性質上、トラブルが発生すると簡単に死ねる側面も持っています。

トラブルが発生しないよう潜る前には入念に準備はしますが、慣れてくるとそれを怠ってしまう事もあるかもしれません。

また知識がないあまり、知らないうちに海中で危険な行為をしてしまっていることもあるかも。

潜水事故に学ぶ

海中でのトラブルが発生しないよう事前に回避することは理想です。

万が一、実際に起こってしまった場合、トラブルを解決するにはやはり経験が必要になると思います。レスキュー・ダイバーなどの講習を受けることも一つの方法ですが中々時間が取れない方も多いです。

ではどうするか。
   



これらは過去に起こった潜水事故の事例を多く扱っている本です。

かっ君はこれらを読んでダイビングのKY(危険予知)をしています。

問題が自分の身に降りかかったとき、知識があるかないかでは大きな差があると思っています。(実際にトラブルを回避できるかはまた別問題でレスキューの練習が必要になりますが)

この本を読むことでどういう事をすれば危ないのかを知ることができます。ダイビングをずっと楽しむために、危険な目に合わななくするように。

気になった方は読んでみてください。