かっ君です。

飛行機を使ってのダイビング旅行が決まりました。今から楽しみ。器材はレンタルではなく、自分のものを持っていくつもりです。

ですが器材は重いしカサ張る、空港で預けるまで持ち運びがめんどい…

楽に持ち運ぶためにかっ君が使用しているダイビング用のキャリーバッグをご紹介します。

AQUA LUNGのT8 ROLLER DUFFLE BACKPACK BAG HYBRID・ローラーダッフルバッグ

かっ君が使っているのはこれ、AQUA LUNGのダイビング用キャリーバッグです。

402050050000-r2

サイズは78×35×34(cm)で、内容量:92.5L。重量:3.4kgと非常に軽い。
 
記事はバリスティックナイロンが使われており非常に丈夫に作られています。

ダッフルハンドルとローラーが付いているのでも勿論キャリーバッグとして利用できますが、リュックとしても利用可能です。

かっ君が使っている商品は2015年モデルのため、現在入手は難しいですがAQUA LUNG2016年モデルのキャリーバッグも出ています。


こちらのサイズは73×53×36(cm)で、内容量:140.0L。重量:4.0kgとなっており2015年モデルと比べてだいぶ大きくなっていますね。

実際どれくらい荷物が入るのか

このキャリーバッグにどのくらい荷物が入るのか。実際にかっ君の2015年モデルのバッグに荷物を詰めてみたのでご参考ください。

DSC_0024

まずダイビング器材。

今回は重器材としてBCD、レギュレータ。

軽器材はゴーグル、シュノーケル、ブーツ、フィンにベルトを持っていきます。

DSC_0025

それをメッシュバッグに詰め込んで。

 DSC_0026

バッグに入れます。

続いてウェットスーツも入れます。

DSC_0028
 
入りました。

DSC_0029

 少し空いた隙間に下着やTシャツなどの着替えであれば2~3日分は入ると思います。

なので短期間の旅行であればこれで十分。

もっと長期間の旅行や、荷物が多い方は別にもう一個旅行カバンが必要になるかもしれません。

ダイビング用のキャリーバッグ購入を検討されている方は参考にしてみてください。

では。